へんこつ日誌

Oral_Top_Anchor
トップ
RSS feed

へんこつってなに?


ここから本文

2018年05月20日(日) [長年日記] この日を編集

§1 高田志麻&わたなべゆうライブin可児&各務原

野外ライブが気持ちいい季節 昨日のライブの余韻が冷めないなか、明日の岐阜でのライブの話に、名古屋の友だちが来るというので、じゃぁうちも行くか!と即決(笑)。朝から岐阜に向けて出発しました。

可児市文化創造センターala 水と緑の広場で開催されたライブ、会場から徒歩5分ほどにヤイリギターの工房が有るところです。ヤイリギターの全面的なバックアップがあったようです。

広い芝生の広場、子ども達が無邪気に遊んでいる、そんなシチュエーションの中でのライブは気持ちよかった。何処までも音が広がっていく感じがあ最高でした。

そもそもヤイリギターは志麻ちゃんが一目惚れして買ったのが切っ掛けで、工房にも来るようになって繋がりが出来たとか、ミュージシャン仲間との繋がりが活動範囲を広げて行ってくれるというのはお互いにとって嬉しいことですね。

ビンテージギターに囲まれてのライブ そんな岐阜との繋がりから、夜の部は各務原市のMUSIC ROOM 6-21でのライブでした。オーナーさんの趣味で作られたライブハウス。部屋の中には所狭しとビンテージギターが壁を覆い尽くす勢いで並んでいます。ギターのお話を聞いているうちに珍しいギターを弾かせてもらったり楽しいひとときでした。

そして定刻に始まったライブは、地元のミュージシャン田中滋人くん、ぐいぐい来る感じはちょっと苦手ですが、美濃加茂愛のこもった楽しいライブでした。何と成ちゃんと同い年、ジェネレーションギャップという歌が生まれること自体時代を感じます。彼は平成しか知らないけど、僕たちはもうじき3つめの元号に突入ですからね。(笑)

いよいよ高田志麻ちゃんとわたなべゆう君の出番ですが。最初はわたなべゆう君のソロギターから。超早弾きのルパン三世はなかなかのモノです,僕も弾いて見たいなぁ(笑)

志麻ちゃんも入って歌と共演。今回僕が持って行ったM-factory のPM-50を志麻ちゃんに試しに使ってみて貰いました。十分なリハーサルの時間が無かったのだそうですが、傍から聞いていても昼間のライブとはギターの音が違います。わたなべゆう君も音が太くなって良い感じと言ってたし、志麻ちゃんは生音に近くなって嬉しいし、音の粒がハッキリして綺麗だったと言ってくれました。

彼女のギターはヤイリのギターにアクティブピックアップを仕込んだいわゆるエレアコ仕様ですが、PM-50は良い仕事をしてくれます。今回プロのライブの本番で試してくれた志麻ちゃんとわたなべゆう君に感謝です。

ライブの後、豊川のお友だちと一緒に記念撮影。会場のオーナーさんとギター談義もしたかったけど、今日中に帰りたいので早々に失礼しました。ありがとうございました。また来たい会場です。

帰りは来た道をそのまま帰りました小牧から名神には行って我が家まで、途中多賀サービスエリアで休憩、昼寝が出来なかったので少し頭痛気味でした、食事の時に頭痛薬をもらって10分ほど仮眠、スッキリして帰りました。

お疲れちゃん!(笑)


2018年05月19日(土) [長年日記] この日を編集

§1 わたなべゆうライブ@ムーントークでガーベラ隊

ガーベラ隊お疲れ様 わたなべゆう君のムーントークでのライブ、年に2回ほど開催されるのですが、前回は3名でのガーベラ隊でしたが、個餡会は七メーでのガーベラ隊。人数が多いと音の重なりが綺麗ですね。何か弾いてて感動した。

前回はアンコールでの演奏だったし、3人しか居ないので緩ーく音響を通したのですが、今回は7人もいるので先生以外は生音での参加でした。7台も揃うと生音でも良い感じに響きます。先生も少し音響を控えめで参加してくれました。

お客さんたちは珍しいモノを聞けて良かったんじゃ無いでしょうか。僕たちも初めてガーベラ隊の演奏を聴いたときは鳥肌モノでしたから。ムーントークでの恒例になれば良いですね。

次回までのガーベラの種をあちこちに蒔いて隊員の確保に努めたいと思います。


2018年05月18日(金) [長年日記] この日を編集

§1 コンビニ限定ビール

ローソンで見つけたビールたち コンビニエンスストアは、各メーカーのアンテナショップ的な存在でもあるようで、まずはコンビニ限定で販売して好調なら、もしくは小売店からの要望などで広まっていくと言う商法があるようです。

今日は金曜日なのでビールを買いに行こうと出かけたとき、ふと最近コンビニに行ってないなとおもい、ローソンに立ち寄った。以前セブンイレブンに立ち居居ったときはがっかりしたけど、今日は多くの収穫があった。

僕ビール君ビールという製品は長野県のメーカーが作っているビールだそうです、エール系のビールで今のトレンドですね。ヱビスのTheHOPは毎年でているようでコンビニ限定では無いと思うのですが、一番に出てくるのはコンビニかも知れません。

と言うわけで今宵は珍しいビールで晩酌です。


2018年05月17日(木) [長年日記] この日を編集

§1 買い物がてら羽生結弦展とキャピタル東洋亭

羽生結弦展 今週末に友だちに渡す手土産を買いに夕方から京都の高島屋へ出かけました。阪急電車で行くと地下から入るので、高島屋の目的の場所はすぐそこです。買うものは決めていたので早かったのですが、ついでにまだ残ってないか確認したふたばの豆餅は売り切れでした。

東洋亭のハンバーグ ちょうど今、高島屋の7階グランドホールで開催中の羽生結弦展を見てきました。入場無料です。夕方から行ったからか比較的お客さんは少なくてゆっくり見ることが出来ました。小さいときから頑張って、小学生の頃には人に感謝することを覚えて、やっぱり出来る子は違うなと感じた瞬間でした。益々頑張って下さい。

サンライズ外して弦張り替え そんなこんなで夕食は同じ高島屋7階にあるキャピタル東洋亭でいただくことにしました。お薦めのディナーコースが用意されていていくつかの料理から好きな組み合わせが選べて2,500円とリーズナブルです。やっぱりここへ来たらトマトの丸ごとサラダとハンバーグでしょう。久しぶりに美味しかったです。

レーベンブロイのジョッキが700円弱と良心的でした。ただ、テーブルに出されている食器が不衛生な感じだったようで、隣の席からもちゃんと洗ったのかなどと声が出ていました。こう言うことは大事ですから気をつけないとね。支店が増えると目が行き届かなくなるので、ある意味チェーン店アレルギーなんですけどね。給仕係はまぁまぁ気が利くんですけどね。頑張って下さいませ。ごちそうさまでした。

さて、明後日はギター8台でのガーベラの演奏です。ゆう君のギターだけプラグドで他はアンプラグドでの演奏です。先日届いたPM-200/HV3のお試しは少し休憩で、サンライズを外して弦を交換しました。生音での演奏は生音で練習しないとね。明日一日だけですがしっかり練習しましょう。

お疲れ様でした。


2018年05月16日(水) [長年日記] この日を編集

§1 PM-200/HV3のミュートスイッチ

KORG DT-10にミュートスイッチ増設 新旧のPM-200でミュートスイッチの特性が変更になった。旧型はモーメンタリースイッチで、新型はオルタネイトスイッチです。旧型は押している間だけオンになるスイッチで、新型は一度押したらオンの状態を保ちもう一度押したらオフになる構造です。

不要なジャックも撤去 プリアンプが揃ったらストンプ型のチューナーも欲しいなと思ってました。でもプリアンプの上にミュート用のフットスイッチとチューナーを置くとなると持ち運ぶモノも多くなるので何とかしたいなと思っていたのです。

そこで、チューナーを少し改造してミュートスイッチを増設することにしました。チューナーにはそもそも、インプットとアウトプットのフォンジャックが挿せるようになってますし、場合によってはバイパス用のジャックも有ったりします。

僕たちはそのような使い方はせず、チューナーはチューナーとしてだけ使うので他のジャックは必要ありません。それを使ってミュートスイッチにしてしまおうというものです。

ジャックを基盤から外して孤立させた後、オルタネイトスイッチを増設して、押したときにショートするようにしてやれば良いだけです。簡単にできてしまいました。これでチューナー1つだけでミュートも出来るようになりました。

さて、もう1台用意しなくちゃ(笑)


2018年05月15日(火) [長年日記] この日を編集

§1 それぞれ専用のPM-200

おみさんのギターと僕のギターを新旧のPM-200二つなげてあれこれ試しているけれど、究極はそれぞれ専用のプリアンプを決めて自分のギター用に合わせることになる。これまで試してみた結果では新しいPM-200を使い出したら旧型のPM-200にはもう戻れないと言うことだと思います。

旧型のPM-200は新品の半額でバージョンアップしてくれます。当初は今年の5月いっぱいが申し込み期限だったのですが、既存ユーザーにはその期限は無くす方向だそうです。じっくり聞き比べて思った事が有ったら教えてほしいと言って下さいました。なんて謙虚なんでしょうか。ユーザーとしてこんなに安心なことは有りませんよね。

でも、もう心は決まってます。今月いっぱい引き比べたらバージョンアップに出そうと思ってます。そしてそれぞれ専用のプリアンプに仕上げたいと思います。これでさまよっていたギターのピックアップも落ち着きます。後は退かせていただく機会を多く見つけて披露出来たらなと思います。


2018年05月14日(月) [長年日記] この日を編集

§1 PM-200/HV3のゲイン調整は必須!

PM-200/HV3(上)とPM-200ef/HV M-factoryのPM-200/HV3が来たのでギターにサンライズを付けて試してみないと、と言うわけで早速サンライズを付けて試してみました。最初はなんだかちょっと音が歪んでいる感じがしたのですが、PM-200/HV3は汎用プリアンプという位置づけです。それぞれのギターに合わせて調整するのはユーザーの仕事。

ピエゾを使ったコンタクトとマグネットのデュアルピックアップの場合それぞれの出力に差があるので微調整が必要なんですね。細かい設定は追々することにして、気になっている歪み感を無くしたいのでピエゾの方のゲインを少し下げてみた、するとすぐに快勝して何とも言えない良い音になった。直感的に出来るのはすごいですね。

僕たちのピエゾコンタクトは先日のNISHIHARAGUITARSさんでの調整の際に見てみて初めて知ったのですが、コンタクトが2つも付いてました。今までのコンタクトに低音部をたしているようです。つまりコンタクトの方は2つ分の出力を持っていると言う事ですよね。マグネットは同じサンライズ。鼻注せいの必要性というのも納得の話です。

この調整をしてからおみさんに弾いて見てもらったら気持ちいいと言っておりました。僕の感覚ではもう少しマグネットのゲインを稼いでおいた方が良いかなと思うのですが、まだまだこれからじっくり調整したいと思います。このことを考えるとプリアンプの使い回しというのは先ず出来ないと言うことですね。それぞれのギター専用で無いとバランスが見つけられないです。

そういう意味では、M-factoryさんはプリアンプをそれぞれのギターに合わせてチューニングを済ませてギター内部に取り付けているわけで、既にその状態でそのギター専用のプリアンプになってます。従ってその後につなぐコントローラーは使い回しでも構わないわけですよね。それを裏付けるようにPM-500にはゲインの微調整は有りません。ギターから出力するときに絶妙のバランスに仕上げてあるということですね。M-factoryのすばらしさの秘密が分かったような気がします。

でも、素人の僕たちには普通のフォンジャックでつなげるのが魅力なので、ここは仕方ないですが、僕のPM-200/HV3を持って行ったとき使っていただくのは構いませんが、僕のギターに合わせて調整しているのであなたのギターには合わないかも知れません(笑)