へんこつ日誌

Oral_Top_Anchor
トップ
RSS feed

へんこつってなに?


ここから本文

2017年06月26日(月) [長年日記] この日を編集

§1 熊本のミニトマト

夏野菜とベーコンのペペロンチーノ 昨日の帰りイズミヤで買い物をしていてホントに小さなトマトがパックにギッシリ入っていた、ヘタも付いて無くてそのまま食べられそうな小さなトマト。パスタに入れたら美味しいかなと言いながらおみさんが買ってました。そしてパスタも買ってました。

と言うわけで今日のお昼は夏野菜のパスタ。茄子、ミニトマト、小松菜、そしてベーコン、お味の基本はペペロンチーノです。このトマトが良い仕事してます。おみさんもドライトマトに加工して使わないとダメかなと思っていたようですが、生のママ最初に炒めて使ったらトマトの濃い味でバッチリ決まったようです。オリーブオイルとの相性もバッチリ。ホントに美味しかった。

料理ってこう言うひらめきが一番大事だと思うのです。あっぱれ!(笑)


2017年06月25日(日) [長年日記] この日を編集

§1 紫陽花を求めてもりやま芦刈園へ

もりやま芦刈園の紫陽花とおみさん 紫陽花を観に行こうと出かけることにしました。目的地は滋賀県守山の芦刈園。初めて行く場所ですが、地図を見ると烏丸半島の蓮の群生地にほど近い場所でした。車で40分ほどでしょうか。

11時頃に出たので先ずはお昼ご飯、おみさんが見つけた蕎麦屋さん「しなの庵」でお蕎麦を頂きました。人気があるのかそこそこの混みようでした。今の時期そばは旬じゃ無いのですが、熱くなってきたのでざる蕎麦とかが人気なのかも知れませんね。

僕はお薦めの鱧の天ぷらが付いた冷たいぞばを、おみさんは暖かいそばの定食を頂きました。おみさんの定食はご飯も付いて天ぷらも付いて豪勢な定食でした。お腹いっぱいになったようです。鱧の天ぷらは熱々ホクホクで美味しかったです。旬のモノは美味しいですね。

蕎麦屋さんから出るときに芦刈園の話をされている方がおられたそうです。そこから車で5分ほどのところに芦刈園が有りました。入場するときには「しなの庵」の話をされている方がおられたそうです。この2つは観光客のお決まりコースになっているようですね。(笑)

芦刈園の駐車場は無料、入場料は200円と大変リーズナブル。たくさんの種類とたくさんの株、広すぎるのと枝道が多すぎるのとでどう廻って見れば良いのか迷うくらいです。アマチュアの写真家がいっぱいカメラを持って来ているようでした。美味く撮れたかなぁ?

京都岡崎のはなふさでコーヒーとレアチーズケーキ 紫陽花を堪能して帰路に、お茶のタイミングを見て岡崎のはなふさイースト店へ行ってみようと車を走らせました。逢坂山から山科へ入って三条通へ流れていってというコース。火野正平さんがNHKの自転車で走る番組で行かれてたのを覚えていたというだけなのですが(笑)

白川通り丸太町の角を西へ入ったところに有ります。昔ながらの喫茶店で、未だに禁煙席が無い珍しいお店でした。コーヒーも定番のストレートコーヒーとブレンドや変わった飲み方をするコーヒーもあって一度来てみるのには面白いお店ですね。

僕はコロンビア、おみさんはコーヒーにレモンを浮かせて呑むカフェルッソなるモノを注文、どちらもレアチーズケーキとセットで、カフェルッソは僕はいただきませんでしたが、コロンビアの酸味が強すぎてちょっとビックリ、お砂糖とミルクを入れる前提で淹れているのかも知れませんね。レアチーズケーキは美味しかったです。

花房から丸太町を西へ西へ、花園から太秦広隆寺前へ抜けて三条通へ、そこから嵐山の渡月橋経由で帰りました。流石に雨模様で少し観光客が少ない感じでしたが流石に嵐山ですね。それでも人が多いです。

本日もお疲れ様でした。


2017年06月24日(土) [長年日記] この日を編集

§1 Minase Market PLACE に行ってきました

番茶と緑茶 昨日おじゃましたなないろ舎で買うことが出来なかったお茶を、今日開催されているMinase Market PLACEに出店されているにほんちゃギャラリーおかむらさんに買いに行く約束をしていたのです。

Minase Market PLACEは少し前から始まったと思うのですが、まだ定着していないのか、今日だけか。少し閑散としたイメージでした。熱くなってきたから減ってきたのか、食べ物を出しづらくなって来たのか。原因はよく分かりません。もう少し賑わって食べるものが多いと人が集まると思うのですが。

昨日試飲させてもらって決めていた番茶と緑茶を頂いて帰りました。緑茶の方は試飲したのとは違うのですが、試飲したモノは絶対量が少なくて凄く高くなるそうです。この緑茶でも30グラムで800円ほどですから高いですよね。出も楽しみが増えました。昨日買った玄米茶はホットで、京買った番茶と緑茶は水出しで頂きたいと思います。


2017年06月23日(金) [長年日記] この日を編集

§1 にほんちゃギャラリーおかむら

お手製水無月と冷茶 島本町東大寺にある「なないろ舎」で月一回開催されているにほんちゃギャラリーおかむらさんのお茶を楽しめる日。無料で提供されているお茶を体験出来て、その場で買い求めることも出来ます。店主拘りの淹れ方で出してくれる有料の茶葉も用意してあって、自分のペースで楽しめます。

かま入り茶、香りが高い! 今日はお茶菓子に、奥様手作りの水無月を用意してくれました。地産地消を意識してお隣の高槻市で無農薬で育てられた小豆を使った水無月、甘さも控えめで素朴な味でたいへん美味しく頂きました。

まだまだ2本も捨てたもんじゃ無い。全国回れば無農薬でお茶を作って昔ながらの製法でかま入りしているお茶農家もあると言うことですね。足繁く通ってそのお茶を分けてもらってくる岡村さんの気持ちに動かされて、お茶は岡村さんで買おうと思うようになりました。素晴らしいことですよね。


2017年06月22日(木) [長年日記] この日を編集

§1 PCのスピーカー捨てる前にもう一度見たらハンダが外れてた(笑)

CreativeLabのスピーカー、手元でボリュームが操作出来るコントローラーが付いているのですが、このコントローラーの不具合で、音が出なくなってしまってました。コネクターのところで断線していたのを一度修理したのですが、どうも半田付けが悪かった感じ。今回はコネクタを捕ってしまって、直に半田付けしてスッキリさせました。それで治ったと思っていたスピーカー、PCにつないでみたら音が出ませんでした。

先日新しいスピーカーを買ったのでもう捨ててしまおうと思ってたのです。もう一度捨てる前に見るだけ見ておこうとコントローラーを開けて見たら、またハンダが外れてました。サイドハンダをやり直し、今度は引っ張って外れないことを確認して試してみたら、音が出るではありませんか。

これでもう大丈夫と、自宅のPCにつないだら、出ました音が、良い音してます。これでもう大丈夫とよろこんでいたのもつかの間、また音が出ないとおみさん。再びコントローラーを開けて見るも特に問題なし。いよいよ原因が分からなくなって来ました。ホントは修理して使った方が省エネなんでしょうけど、6千円のスピーカーを修理したらどれくらい掛かるかと考えると二の足を踏んでしまいますね。変な世の中ですが、捨てることにしようかと思います。長い間ありがとう。


2017年06月21日(水) [長年日記] この日を編集

§1 春ちゃんの日、モロゾフのプリン

春ちゃんが大好きだったモロゾフのプリン 今日は春ちゃんの祥月命日です。昨日出かけたときにママからモロゾフのプリンのリクエストがありました。迷わず普通のプリンを買って帰りました。最近モロゾフに行くと色んな種類が有って面倒ですね。カスタードの普通のプリンが一番美味しいのに(笑)

春ちゃんが小さい頃、食が細くてなかなか食べてくれず困っていた時期がありました。何だったら食べてくれるのかこのままだと鼻注で栄養を取ることになるし何とか食べて欲しいとママは毎日悪戦苦闘してました。そんなときお祖母ちゃんが買ってきてくれたプリンを上げてみたらぱくぱく食べてくれたのです。それ以来、困ったときのプリン頼み、そんな神話が出来てしまったのです。

そして、大きくなってから再び食が細り困ったときにも食べていたプリン、仕事帰りにプリン買ってきての電話が何回鳴ったことか。そんな想いでいっぱいのプリン、きっと喜んでくれて居るでしょう。コトブキのプリンエーデルワイスのプリン、どれも式でした。モロゾフのプリンは特別な日だけ。美味しいモノはよく知ってました。今でも春ちゃんはきっとグルメで通しているんじゃ無いかと思います。


2017年06月20日(火) [長年日記] この日を編集

§1 城陽特集最後の日(JR京都伊勢丹)

左から青乃無と城陽が2本 所用で京都に出たので帰りにちょっとデパートを覗いてみると地酒のコーナーで「城陽」特集をやってました。聴くと今日が最終日と言う事で、見てみると10種類以上の城陽が並んでおりました。全ての種類を酒屋さんが置くのは大変なのでこうしてほぼ全部が揃っているのを見られるのはこんなイベントか酒蔵に行かないと無いことですよね。

大吟醸とか純米大吟醸とか高いお酒はだいたい山田錦なのですが、京都の酒蔵だけ有って祝とか五百万石とかのお酒も有ります。どちらかというと地元のお米でどんなお酒を造っているかと言うことに興味があるので、祝のお酒と五百万石のお酒を買って帰りました。ちなみに青乃無は山田錦22%と五百万石78%です。

どのお酒も口当たりが良くて飲みやすいです。こうしてみると3本ともラベルが青いですね。一番右の淡いブルーのラベルは夏用に限定出荷しているお酒だそうです。京都産の五百万石で作っているようです。夏場には冷やした日本酒、最高に美味いです。