トップ «前の日記(2017年08月26日(土)) 最新 次の日記(2017年09月11日(月))»
RSS feed

春ちゃん成ちゃんへの手紙
~ママの日々~


2017年09月09日(土) [長年日記]

_ [ライブ]わたなべゆうさん 『風の電話』発売記念ライブ

at 高槻JK BIRD

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

ゲストは 初田悦子さん(ボーカル)、上條瑞穂さん(キーボード)

私からはゆうさんが見えず、写真上では「初田悦子ライブ!」みたいな事になりました(笑)

もちろんすばらしい音色はしっかり届きました♪

基本的に、わたなべゆうさんのソロギターに出逢ってその魅力に引き込まれてずっと聴いてきたので どの曲もソロギターで聴くのが好きです。

自分だけの世界をそこに見ることができるから。

しかし!

初田悦子さんの吸引力はすごい。

ゆうさんのメロディを歌い上げる悦子さんの声は爽快かつ、情に訴えかけてきます。

きっと魂の深いところからの歌声だから 聴く方の深いところに響いてくるのでしょう。

ゆうさんと悦子さん、そして今日は上條瑞穂さんから紡ぎだされる音楽は絶品でした。

やっぱりLiveの力はすごいです。

「風の電話」・・・被災地の人々の想いや、会えなくなった大切な人への素直な想いを引きだし、抱きしめてもらえるような歌。

普段は悲しみや苦しみにふたをして暮らしているみなさんも、この曲を聴いてどうか、泣いて心のふたを解放してもらえたら嬉しいと、ゆうさん。

この曲は実際に岩手県大槌町にある「風の電話」の創設者、佐々木格さんの監修も受けておられる曲です。

きっと、被災者の方々や大切な方を亡くされた方々の想いに少しでも寄り添ってくれるこの曲をぜひ聴いてみていただければと思います。

また、私はこの曲が出来た当初に付けられた歌詞も忘れられません。

風になった亡き人との会話がそこで叶えてもらえたような気がしたから。

wakkunさんのお話しが元となってできた「ふたりのくうき」、その意味がとてもステキで、誰のことも大切したいと思える優しさや温かさを感じる曲。

・・・書き出すときりがない(^^;

すべての曲が愛おしい、ずっといつもまでも浸っていたいと思えたライブでした。

風の電話 (歌)
Airblabket  (歌)
Storyteller (歌)
Letters to parents (歌) 

ティンカーベル 
ウンディーネ 
踊り子の唄  
ノンプルスウルトラ  
プルスウルトラ
  
Baby you. (瑞穂さんと)

しろくま
グランドライン
シネマティックジャーニー(初披露)

暖炉とロッキングチェア (歌)
ふたりのくうき(12弦ギター)(歌)(ピック)
浪花サーティーファイヴ (12弦ギター)(歌)(ピック)
マクの約束 (歌)

風の電話(en)(歌)
エンドロール(en)

・・・あまりにもゆうさんの写真がなかったので ライブ終了後に撮らせていただきました(*^_^*)

今日も素晴らしい音楽をありがとうございました。